健康を自覚すること、楽しみながら健康増進することが重要です。自分の体調を客観的に知り、目安をえることが健康づくりの第一歩になるでしょう。健康の駅では、みなさまの健康づくり役立つ各種健康測定機器を設置し、健康づくり・体調管理をサポートします。健康の駅で提供する機器は、すべて医学的根拠に基づいた「健康の目安」を提供します。自分専用の健康の目安を手に入れ、「あなたのための、あなた自身による」健康づくりの指標を手に入れましょう。健康づくりの第一歩は、自分を知ることです。日々変化するからだの調子を、こまめにチェックしあなた自身の健康にお生かしください。また、操作方法などはスタッフがしっかりサポートします。
   
          
 
 体内年齢、基礎代謝、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪、体水分率を量ることができます。メタボリック症候群で問題となっている内臓脂肪量が一目瞭然です。推定骨量から、お年よりに見られる骨粗しょう症の予防にも役に立ちます。また、筋肉量を図って、介護予防に重要な筋力アップ運動の目安が得られます。体組成計は、これらの測定数値から、からだのバランスを示すこともできます。お年寄りの転倒予防など、バランスがうまく取れない(運動器不安定症)といった自覚症状を、医学的見地から検討することができます。
       
       
       
       
            
       
 メタボリック症候群でもおなじみ、血圧は健康のバロメーターです。体重と同じように毎日計ることを、強くお勧めします。毎日同じ時間に、計った血圧があなたの本当の血圧です。体重といっしょに、日々の血圧を記録すると、体の調子は、微妙に毎日変化していることがわかります。この変化に対応した健康づくりこそが、「あなたのための、あなた自身による」健康づくりの基本を提供します。血圧と体重を毎日はかり、自分の健康の目安を、いつも携行しましょう。指先で血液の循環度合いも測定できます。
       
       
       
     
       
 かかとで骨密度(骨の硬さ)を測定し、骨祖そう症を予防します。自分と同年齢との比較や若年者との比較が可能です。
最近は、若い女性でも骨がスカスカの方も多く、必要なカルシウムの摂取をアドバイスします。
       
       
     
     
 両手の親指だけでいつでもどこでも簡単に心臓機能の測定ができる簡易型ポータブル心電図計です。
この心電図計は測定結果を診断するものではなく
、記録するための医療機器です。
結果が気になる場合は、印刷したものを持参して最寄りの病院へ受診してください。 ※心電図の解析には専門の知識が必要です。
 
 
     
 
  お年寄りが、一番気にしていることは、がんでも心臓病でもなく、脳の認知機能の低下です。話題のアルツハイマー病を含め、さまざまなタイプの認知症が存在するのも気になるところです。ところが、認知機能といわれても手軽にチェックする方法は、なかなかありませんし、そうかといって、病気でもないのに、病院にいくわけにも行きません。しかし認知症は、そんな普段の生活段階から、音も無く始まっていることがあります。早期に、自分の認知力を把握しておくことは大変重要です。たとえ、認知症になっても、早期の治療・介護・リハビリで円滑な家庭生活を送っている認知症患者さんは沢山いるのです。早く見つけることが、何より重要です。この機器では認知機能を数値化して測定できます。北海道大学村上新二教授が開発され、全国で導入が進んでいます。操作は簡単、座って開始ボタンを押せば、あとは機械の指示に従って進むだけです。終了したら、簡単の結果解説もあります。まずは、認知力チェックから、頭の健康に取り組みましょう。
   
   
※予約制
   
            
   
   
  『美容は健康の窓』お肌の調子は体の調子を現すので、老若男女を通じて一番気になることのひとつです。お肌に良いといわれるさまざまな素材が提供されていますが、それが本当に「あなたのお肌」に良いのでしょうか。あなたの美容に有効なのでしょうか。美容だけではありません。お肌は、からだの調子を現すバロメーター、健康の目安の情報を沢山発しています。そんなお肌の調子を、科学的かつ客観的に調べるのがロボスキンアナライザーです。男性女性を問わず、お肌のチェックで肌年齢を知り、@明るさ(くすみ)AしわBしみC毛孔の開きDもち肌(きめ)E水分(うるおい)の6つの指標で分析します。
 
 
 これらの機器は、すべて無料で利用できます。みなさん、定期的に自分の健康の目印を手に入れましょう。

All rights reserved rumoi city office 2009-2010